いちご生産農家松原グリーンファーム


農薬使用履歴および病害虫防除履歴


わたしの農薬への考え


わたしは、農薬の使用を完全に否定する訳ではありません。
日本で認可を受けた農薬を、決められた使用方法にしたがって散布すれば、
まったく安全性に問題はありません。
しかしながら、いちごは生で食べるものですので、農薬がかかってると思うと、
絶対に安全とはいえ、完全な安心感は得られないのではないかと思います。
だから、わたしは、極力農薬を使用しない生産を目指します。

具体的には、開花以降、化学農薬は使用しません。
開花する前は、葉っぱしかないので、実際に食べる部分はまだありません。


化学農薬使用履歴(いちご2011年冬〜2012年春)

2011年 4月 5日 アミスター20フロアブル 炭そ病、うどんこ病、灰色かび病の予防と治療
2011年 9月 8日 アミスター20フロアブル 炭そ病、うどんこ病、灰色かび病の予防と治療
2011年 9月23日 モスピラン粒剤       定植時の植え穴に撒く事によって、アブラムシの発生を抑えます。
2011年11月 1日 プレオフロアブル      ヨトウムシ等(蛾の幼虫=イモムシ)の防除。
2011年11月 5日 アミスター20フロアブル 炭そ病、うどんこ病、灰色かび病の予防と治療


化学農薬以外での病害虫防除履歴


化学農薬をしないで病害虫を防除するために、微生物や昆虫を利用します。


いちごで問題となる病気として、炭そ病・うどんこ病があります。
現在、炭そ病菌やうどんこ病菌を食べる菌として、タラロマイセス菌(微生物)と言う菌が発見されています。

バイオトラストと言う商品名で、タラロマイセス菌が販売されています。
この菌を数回に分けて散布する事によって、菌が葉に住み着きます。
新しく生えてきた葉にも、次々広がっていきます。
この菌が待ち構えるので、炭そ病菌やうどんこ病菌が侵入しても、
タラロマイセス菌が食べてしまうので、病気の発症を抑えます。

いちごで問題となる害虫として、ハダニ・アブラムシがいます。
自然界には、ハダニやアブラムシをエサにする虫(天敵)がいますので、その虫に食べてもらいます。

チリカブリダニと言うダニが、ハダニを食べます。
スパイデックスと言う商品名で、オランダで作られていて、空輸されてきます。
ハダニは葉の汁を吸い、葉の生育を阻害します。
このボトルの中に約2000頭のチリカブリダニがいます。
値段に換算すると、1頭あたり、3円もします。

てんとう虫はアブラムシを食べます。
草むらから大量のてんとう虫を捕まえて、ハウス内に放します。
ただ、すぐに飛んでいってしまうので、夕方、ハウスを閉めてから放します。



Copyright (C) 2012 matsubara green farm. All Rights Reserved.